賃貸物件への契約は、家賃と礼金、敷金をまず最初に交渉をすることが出来るでしょう。
このうち敷金というのは最終的には返金される預り金となることから、値下げをしたところであまり意味が無いことがわかります。

 

賃貸の値下げ交渉をする前に、必ず合計支払金額を元にして計算をしておくようにしましょう。
部屋の賃貸契約というのは、2年間が一般的となっていることから、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算をしましょう。
もしも賃貸物件契約時に何かしらの値下げ交渉をしようと考えているなら、その対象となるのは家賃、または礼金となります。
よっぽどの事がない限り、どちらか片方しか交渉には応じてくれませんので、しつこく交渉を続けるのはNGです。 対応の悪い不動産屋で賃貸探しをしてしまうと、物件が見つかったとしてもアフターケアを疎かにされてしまう可能性があります。
親身になって一緒に探してくれて、様々なトラブルの相談にのってくれる不動産屋で賃貸探しをするようにしましょう。



家賃交渉をする時のコツブログ:2022-01-22

こんちわっすー

あたしは、ひとり暮らしをはじめて
もうすぐ一年になります。

ひとり暮らしの女性のお部屋なんて言えば、
雑誌なんかで見ると、とてもお洒落で…

「こんな部屋に住んでみた〜い」
と、思わせるステキな部屋ばかりなのですが、
あたしのは…かなり所帯染みた部屋になっています。

1DKなのですが、
部屋は和室なので所帯染みているのでしょう。

あたしは畳が大好きなので、
あえて和室を選んだわけですが、
畳って本当に和ませてくれますよね〜

あたしの家でよく飲み会をするのですが、
誰かしらその辺で酔っ払っては寝転んでいます。

中には寝息を立てて熟睡をする友達もいます。
スタイリッシュでステキなお部屋にはない光景ですね…

でもみんな和んでくれているから、
あたしはこの部屋が大好きです!

しかしこの部屋、掃除嫌いのあたしのせいで、
荒れ果てている時は目も当てられぬ状態となっています。
そんな時は、和むどころかあたしの心も廃れ荒れ果ててしまいます。

そして、ふてくされたあたしは
その状態を打破すべく掃除をするのですが、
掃除にもこだわりがあって…

先ずは、玄関からトイレ・お風呂、キッチンへと、
あまり荒れ果てていないところから手をつけてしまいます。

しかも、和室が荒れ果てていれば荒れ果てているほど、
先にする場所は磨き上げています…

多分、荒れ果てた部分を見たくないので、
あたしは簡単なところをしっかりしようと…

まぁ、それを別の言葉でいえば
真実と向き合う前の逃避をしているのですね。
でもこの逃避は、あたしにとってはこだわりかもしれません。

トイレやお風呂を磨いている時や
洗面台、流し台を磨いている時…
無心でゴシゴシとしているあたしがいます。

じゃんじゃん