流通物件と独自物件の違い

流通物件と独自物件の違い


流通物件と独自物件の違い
物件のオーナーとなる大家さんは、その物件に入居者を入れたいために不動産屋へ依頼をして物件探しをしている人に対して紹介をしていきます。
言うならばどこの不動産屋でも紹介することの出来る物件ということであり、主にターミナル型の不動産屋に流通物件は集中しています。

独自物件の特徴としまして、比較的新しいものであり、また物件状態も綺麗なものが多くなっています。
賃貸物件を探している人は、まず最初に独自物件から不動産屋で見つけてみると良いかもしれません。
よく独自物件と呼ばれる賃貸物件がありますが、これは不動産屋では紹介されていなく、オーナーさんが直接取り扱っている物件となります。
地域密着型の不動産屋などに多くなっており、意外と掘り出し物件が見つまりやすくなっています。 非常に残念なことなのですが、物件探しをしてる人を狙った悪質な不動産業者が最近になって増えてきています。
中には免許も持たないで賃貸物件の紹介業をしている悪徳業者もありますので、注意が必要です。




流通物件と独自物件の違いブログ:2022-01-24

「ライスを食べると太る」
そう思っていらっしゃる方って多いですよね。
みなさまはどうですか?

でも、それは大きな間違いみたいです。
「ライスを食べないから太る」
というのが正解みたいなんです。

「ライスは太るから食べない」という間違った認識が
多くの日本人の減量を失敗させているようなんです。
ライスって、理想的な減量食品なんですって!

では、どうして
ライスが理想の減量食品なのかというと…

まず、低脂肪で低カロリー。
ライスは100g中に脂肪を0.5gしか含みません。
カロリーも168kcalと低いのです。

そして、
ライスを食べると、ごデンプン質(糖質)を消化するため、
インシュリンがすい臓から分泌されます。

インシュリンは血糖値が上昇し過ぎないよう調節する役割がありますが、
同時に脂肪の取り込みを促進する働きも持っています。

ところが、
ライスはインシュリンの分泌がゆるやかで、
太りにくいのです。
パンやうどんはインシュリンの分泌が多く、
ライスよりも太りやすいそうです。

また、ライスの主成分は炭水化物で、
およそ全体の3/4を占めます。

ライスの炭水化物は
アミロースとアミロペクチンという2種類から成り、
そのバランスがライスの味の良し悪しを決めると言われています。
ちなみに、アミロースが20%弱のものがおいしいようです(コシヒカリやササニシキがこのバランス)。

このアミロースが難消化性であり、
糖として吸収されずに、食物繊維のような働きをするんですよ!
これは、まさに減量にもってこいですよね!
流通物件と独自物件の違い

流通物件と独自物件の違い

★メニュー

賃貸の物件情報で費用面を確認
家賃交渉をする時のコツ
良い賃貸物件選びの近道
賃貸契約する時には審査がある
賃貸マンションを選ぶメリット
良い不動産屋の条件
ターミナル型の不動産屋
流通物件と独自物件の違い
貴方の条件が現実的かをチェック
物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)どこでも快適賃貸♪情報満載ナビゲーション